『料理長殿 ご用心』part2

六十郎の伊藤正尚です。 家内が実家での所用で出掛け、夕方、早めに夕食を食べました。家内を最寄りの駅まで送った帰りに、某スーパーに寄りお弁当を買って帰っています。弁当を食べながら観た夕方のNHKのニュース番組で、長野県飯田市周辺のジビエ料理を特集していました。飯田市は、焼肉が盛んな地域な様で、肉を注文すれば肉屋さんが焼肉用のコンロ等一式を貸してくれる様です。更に周辺の山村では、熊肉等のジビエ…

続きを読む

「居眠り磐音 江戸双紙」part3

六十郎の伊藤正尚です。 医療保険も取り扱っていますので、病気に関する色々な体験談をお聴きする機会も多々あります。60歳代の某女性ですが、50歳代の後半に大腸ガンの手術を受けられました。健康診断は定期的に受診されこれまで指摘は無かった様ですが、再検査を指摘され愛知がんセンターを受診されました。結果、大腸ガンが見付かり手術となりました。術後、抗がん剤治療を継続された様ですが、吐き気等の副作用の…

続きを読む

♪小樽のひとよ♪part3

六十郎の伊藤正尚です。 『ブラタモリ』が6月3日の“測量の日”に表彰を受けた様です。番組内で、しばしば現在の地形図は勿論、古い地形図等を使っています。この事で、多くの人が地図に興味を持つ事に貢献があったからの様です。昨年4月に復活し、全国を闊歩できる様になり、番組への関心も高まっています。本年4月からパートナーも代わりましたが、視聴率的には昨年を上回る人気となっています。その為、各地の博物…

続きを読む

「蹴りたい背中」

六十郎の伊藤正尚です。 7月28日生まれですので、誕生日が近付いて来ました。法人の代表と言っても、一人親方の会社ですので定年は有りません。よって、老体が動くまで働く覚悟の為、定年と言う概念も無く、誕生日と言っても年齢が重なるだけの感覚です。先日、年齢の近いある方と話をしていましたが、その方も定年を意識して来なかった様ですが、最近、朧げに“あと5年”と思われた様です。最も、「もし、まだやり残…

続きを読む

「峠」part2

六十郎の伊藤正尚です。 昨年の今頃「峠」と題して投稿しています。前振りで、司馬遼太郎が1975年に「翔ぶが如く」で“翔”を使って以降、男の子の名前に“翔”が使われる様になったと書いています。今年は一段と凄みを増した日本ハムの大谷翔平選手もその一人です。日本ハムにはもう一人中田翔選手もいます。二人が活躍するほど、“翔”を使う男の子が増えるかも知れません。何故“翔”から始めたかと言えば、昨日、…

続きを読む