文福茶釜

六十郎の伊藤正尚です。 戦国時代、戦で活躍した部下への論功行賞は奪い取った敵の領地でした。天下統一が近付くと、与える領地が少なくなり織田信長は茶道具に付け部下に与えました。ルソン等から大型陶器を輸入したとも言われています。豊臣秀吉は千利休を目利きとし、朝鮮半島では日常食器だった茶碗に価値を付け部下に与えました。徳川家康は日本刀や脇差に価値を付け、コピーの刀に銘を刻み分け与えたとも言われてい…

続きを読む