六十郎の伊藤正尚です。 司馬遼太郎の影響力の強さを感じる事があります。今活躍しているプロ野球選手に“翔”の字が使われている選手が多くいます。代表例が、日本ハムの大谷翔平選手や中田翔選手です。“翔”の字が子供の名前に使われる事が目立ったのは、昭和57年(1982年)頃と言われています。司馬遼太郎が昭和50年(1975年)に出版した「翔ぶが如く」で“翔”を使い、以後、「跳んだカップル」等で使わ…

続きを読む