『刺青一代』

六十郎の伊藤正尚です。 高倉健が亡くなった時、高倉健が宮川を演じた『人生劇場 飛車角』が任侠映画の元祖の様な文章を書いていた人がいます。東映映画としては元祖になりますが、日本映画史的に見ると石原裕次郎が主演した『花と竜』が1962年に公開されています。(1954年に東映映画としても二部作で映画化済)一説には、この石原裕次郎主演の『花と竜』を観て、「人生劇場」の残侠編を映画化する様に岡田元社…

続きを読む