『上を向いて歩こう

六十郎の伊藤正尚です。 月間「文藝春秋」9月号に1985年の日航123便墜落事故の生存者である川上慶子さんのお兄さんの手記が掲載されていました。あの事故から30年が過ぎた訳です。川上慶子さんは結婚し、三人のお子さんのお母さんになられたとの事でした。お兄さんは、実家に残り飛行機に乗っていなかった為、事故に巻き込まれなかった訳です。亡くなられたご両親より長生きしている事を不思議がられていました…

続きを読む