♪東京ブルース♪part2

今年もノーベル賞を二人の日本人が受賞しました。アジア全体で見ても、日本のノーベル賞受賞者数で飛び抜けています。明治維新後の教育制度が、“世界に追い付け追い越せ”だった訳ですが、実績として残っただけに凄い事です。最も、江戸時代の寺子屋制度など、“読み書き算盤”の下地があったらからだと思います。ただ、期待された村上春樹のノーベル文学賞の受賞は今年も無かったのが、残念です。 私自身、村上春樹の作…

続きを読む

♪初めての街で♪part2

六十郎の伊藤正尚です。 安倍首相がアメリカを訪問した際に、晩餐会に日本酒が用意されていました。安倍首相の地元の酒蔵がアメリカに輸出して、人気が逆輸入された“獺祭”と聞いています。有名な話ですが、その酒蔵の後を継いだ当主が、杜氏がいなかった為に自分達で酒を仕込みます。仕込みの過程がデーター化され、加えて、先入観の無いニューヨークに輸出され、ニューヨークで評判となります。アメリカの流行りに弱い…

続きを読む

♪裸足の季節♪

六十郎の伊藤正尚です。 パリーグに続き、セリーグも日本シリーズに進出するチームが決まりました。セパ共にリーグ優勝のチームが進出し、やや、スッキリした気分です。その一方、10月22日のドラフト会議を前に、契約更新をしない選手や自ら引退宣言する選手の記事がスポーツ紙に出ています。今年は、かつてのドラフト1位選手が契約更新が出来なかった数が多いとも聞いています。ドラフト会議前は、ポスト◯◯と言わ…

続きを読む

♪雨♪

六十郎の伊藤正尚です。 新幹線で上京する際のお楽しみは、霊峰富士の美しい姿です。しかし、その美しい姿を観る事は案外少ないのです。先日、研修の為に、早朝、“のぞみ”に乗車しました。名古屋駅のホームは、素晴らしい秋晴れの晴天でした。浜松を過ぎるとやや雲が多くなり、日本坂トンネルを過ぎた辺りで雲が低く垂れていました。傘を冠った富士山を観て東京に着いた時は、小糠雨でした。気温も低く、時間より距離感…

続きを読む

♪和歌山ブルース♪

六十郎の伊藤正尚です。 新卒で社会人になった頃、和歌山県を担当した事があります。当時、和歌山市なら、南海でもJRでも大きな問題はありませんが、有田市や串本町等となると顧客をなかなか訪ねる事は出来ませんでした。私が担当していた1970年代後半は、1968年に発売された♪和歌山ブルース♪が有線で再ヒットしていた頃で、和歌山市の中心街“ぶらくり丁商店街”に古都清乃の甘い歌声が鳴り響いていた事を覚…

続きを読む