「週刊文春 10月29日号」

六十郎の伊藤正尚です。 地元の公立中学校に、ボランティアで毎年一度は訪れます。ボランティアの内容は、公立高校の受験の際にある面接の模擬面接官です。事前に質問事項が学校側から用意されていますので、生徒も事前練習をする様です。時間があれば、任意に質問しても良いとの条件ですので、時々、新聞を読むか読ま無いかの質問をします。多くは、「ネット検索をするので読ま無い。」とか「家でも新聞を購読してい無い…

続きを読む