『マルサの女2』

六十郎の伊藤正尚です。 黒澤明監督を支えたスタッフの一人にスプリクターの野上照代がいます。彼女は、黒澤明監督が自殺未遂をして失意のどん底でもそばを離れる事なく鼓舞したと言われています。そんな彼女がもう一人支えたのが、映画監督の伊丹十三です。伊丹十三が高校生の時、一年間、彼の身の回りの世話と食事の世話をしたと言われています。伊丹十三は、その後俳優として活躍し、監督としても『お葬式』や『マルサ…

続きを読む