「居眠り磐音 江戸双紙」part2

六十郎の伊藤正尚です。 このブログは、2011年12月14日から投稿をしています。当初は試行錯誤をしながらの投稿で、当時は段数もバラバラでした。そんな時期の2012年1月13日に、「居眠り磐音 江戸双紙」を投稿しています。内容は、業界の垣根を越えて作家の佐伯泰英が、佐伯泰英の新作文庫本に“佐伯通信”と名付けた小冊子を挟む様にした事を書いています。出版社が違っても読者は佐伯泰英の情報が欲しい…

続きを読む