「竜馬がゆく」

六十郎の伊藤正尚です。 1996年2月12日に作家の司馬遼太郎が72歳で亡くなりました。よって、今年が没後20年となります。1962年6月から産経新聞で連載が始まった「竜馬がゆく」で一躍人気作家となります。翌年から単行本として出版されます。私が文庫本の「竜馬がゆく」を買ったのは、NHKの大河ドラマ『竜馬がゆく』の後ですから、1970年前後かと思います。買ったものの、なかなか読み進めることが…

続きを読む