「青年は荒野をめざす」

六十郎の伊藤正尚です。 名古屋地区の場合、大人数のセミナー会場が名古屋駅周辺となる場合が多い為、名古屋駅にある大型書店で時間調整をします。先日、「平凡パンチ」の名前が目に付き手に取りました。作家の五木寛之が作家活動が50年となり、初期の週刊平凡パンチに収録されながら書籍になっていな作品が一冊にまとめられているとの事でした。1967年1月に「蒼ざめた馬をみよ」で直木賞を受賞した五木寛之は、一…

続きを読む