♪九九のうた♪

六十郎の伊藤正尚です。 昨日の日本経済新聞の一面“春秋”欄に『白浪五人男』等を書いた河竹黙阿弥の話題が書かれていました。創作活動には、「寒い程、集中出来た」と言った内容でした。木と竹と土で出来た江戸時代の長屋では、隙間風が身に染みたかと推察します。半ば、ヤケ糞な言葉だったかもしれません。黙阿弥の『白浪五人男』や『三人吉三』等、興行の世界では奇数を題目に入れた演目が人気がある様です。私個人は…

続きを読む