『坂の上の雲』

作家の司馬遼太郎は、1996年2月12日に亡くなっています。今年は20年の節目で、その為、書店に司馬遼太郎関連の書籍が目立つ様になっています。司馬遼太郎の代表的な小説は主に1960年代に書かれています。1970年代以降は、週刊誌や月刊誌に旅紀行文や随筆が主体でした。特に、1986年から1996年に亡くなるまで書かれた「巻頭随筆」は、熱心に読んでいたので良く覚えています。ただ、若い世代には2009…

続きを読む