『翔ぶが如く』

六十郎の伊藤正尚です。 先日、山本兼一の「とびきり屋見立て帖 利休の茶杓」の新刊があったら買いたいと書きましたが、某書店に並んでいましたので買いました。一話完結の短編形式で、幕末の京都を舞台に、道具屋を営む夫婦を主人公に幕末の志士や壬生浪士(新撰組)の面々が絡んできます。ホンワカした文章ですので、楽しく読めます。その中の一編に、主人公夫婦が桂小五郎の秘密裏の行動を手助けする話があります。勿…

続きを読む