「あぶさん」

六十郎の伊藤正尚です。 社会人となった時、大阪地区の営業担当となりました。大阪市内は少なく、主に近鉄や南海沿線でした。1973年から「ビックコミックオリジナル」に連載された「あぶさん」に描かれた世界が、近鉄沿線や南海沿線の市町村には当時は実際にありました。個人的には、阪急ブレーブスの西本幸雄監督が好きでしたので、大阪のパリーグチームも馴染んでいましたし、「あぶさん」も読んでいましたので得意…

続きを読む

『おぼっちゃまくん』

六十郎の伊藤正尚です。 我が家は、男の子が三人でした。1980年台後半から1990年台前半のアニメを子供達と一緒に観た事になります。鳥山明が原作の『Dr.スランプ』や『ドラゴンボール』、小林よしのりの『おぼっちゃまくん』、柴田亜美の『南国少年パプワくん』などを観た訳です。その為か、今でも家内は『ドラゴンボール』の再放送を楽しみに見ています。鳥山明も小林よしのりも、私達夫婦の同年代です。デビ…

続きを読む

『レッドオクトーバーを追え』part2

六十郎の伊藤正尚です。 同じ保険代理店と表記されますが、アメリカと日本では大きく違うと言われています。とは言え、同じ保険代理店の端くれとして保険代理店出身のトム・クランシーは気になる作家でした。トム・クランシーの名前を世に知らしめたのが1984年に発売された「レッド・オクトーバーを追え」です。アメリカ政府関係者も唸らせた内容で、1990年には映画『レッド・オクトーバーを追え』として公開され…

続きを読む

『レイダース/失われたアーク』

六十郎の伊藤正尚です。 昨日、担当医の異動に伴い、急遽、大学病院での検査と問診が入りました。急遽予約を入れた為、検査時間が朝一の為、問診予約時間まで待合室で一時間程度持つ事になりました。大学病院は建替えて一年程度ですので、病院全体がまだ綺麗ですし、待合室も綺麗です。唯、診察を待つ患者さんが後期高齢者の方が多く、少し笑える事も見受けられます。例えば、携帯やスマホの呼出音が大き目に設定されてい…

続きを読む

♪氷の世界♪part3

六十郎の伊藤正尚です。 沢田研二や都はるみは、1970年代に大活躍していました。都はるみは、一旦引退し、再度復帰しましたが、また事実上の引退となった様です。GS時代から人気歌手だった沢田研二は、ソロとなった1970年代はまさに彼の時代と言っても良い活躍でした。しかし、最近はコンサートでのトラブル等の話題はあっても前向きな話題がない状態です。その二人と同じ68歳の井上陽水が元気なだけに余計に…

続きを読む