♪女神♪

六十郎の伊藤正尚です。 今年の正月2日に再放送された『ブラタモリ』を録画してあります。何時でも観られる訳ですが、中々、落ち着いて観られないでのドタキャンで時間が空いた、先日、観ました。昨年、3年ぶりに『ブラタモリ』が再スタートでした。第1回目は長崎で、長崎を歩くタモリと桑子真帆アナウンサーを写す画面に雪が舞っています。昨年の3月10日が収録日だった様で、テロップが有りました。以後、収録日に…

続きを読む

「隠蔽捜査5 宰領」

六十郎の伊藤正尚です。 平成19年に大きな手術をしました。術後のフォローで半年に一回程度の検査をしていましたが、5年が過ぎて問題が無い為、健康診断代わりにここ数年は年一回の検査でした。手術を担当した医師が転勤で、後輩医師に後を託しました。その後輩医師も転勤が決まり、先日、転勤前に内臓系のカメラ検査をして引き継ぎ材料にしたいと言われました。その為、急遽、検査と検査結果の確認の為、今月、計4回…

続きを読む

♪さすらいの口笛♪

六十郎の伊藤正尚です。 1961年4月に公開された映画『用心棒』は、日本映画だけで無く世界的に大きな影響を与えました。黒澤明監督は、ハメットの「血の収穫」等を参照して脚本を書きます。悪役達に干支に因んだ名前を付けて茶化し、殺陣の際は肉を切る擬音を付けます。加えて、西部劇ファンの黒澤明監督ですので、対決のシーンには過度にからっ風を吹かせます。1964年にイタリアに呼ばれたクリント・イーストウ…

続きを読む

「天才」

六十郎の伊藤正尚です。 先日、名古屋駅にある某パーラーで面談がありました。その前に事故処理の打ち合わせが有りましたが、担当者が急病で不在となり少し時間が空きました。勿体無いので、名古屋駅にある大型書店で色々な書籍を眺めていました。レジに一番近い場所に売れている書籍が山積みなっていました。石原慎太郎が書いた「天才」も勿論山積みでした。表紙の田中角栄を見ると買わずにいられないのは、活字好きの性…

続きを読む

♪卒業♪part2

六十郎の伊藤正尚です。 3月となり、テレビCMも卒業や入学そして新社会人向けの内容物が多くなってきました。携帯電話のキャリア各社も、工夫を凝らしたCMを放映しています。その中で、某キャリアに斉藤由貴がお母さん役で出演していました。斉藤由貴も1966年生まれですので49歳です。CMでは、息子がスマホに切り替えたいと訴えています。眼鏡を掛けたクールな表情は、1985年に♪卒業♪を歌ってデビュー…

続きを読む