「天才」

六十郎の伊藤正尚です。 先日、名古屋駅にある某パーラーで面談がありました。その前に事故処理の打ち合わせが有りましたが、担当者が急病で不在となり少し時間が空きました。勿体無いので、名古屋駅にある大型書店で色々な書籍を眺めていました。レジに一番近い場所に売れている書籍が山積みなっていました。石原慎太郎が書いた「天才」も勿論山積みでした。表紙の田中角栄を見ると買わずにいられないのは、活字好きの性…

続きを読む