「週刊文春 4月7日号」

六十郎の伊藤正尚です。 「ありがとう、センテンススプリング!」とベッキーがLINEに書いたとか言われ、一躍、“週刊文春”が注目を集めている様です。何度も書いていますが、古い購読者の私とすれば雑誌が売れない時代に三週連続で完売したとの報道を読み、嬉しいやら困るやらです。とわ言え、雑誌や書籍を取り巻く環境は急激に悪くなっています。先日も、地元紙の一面で某大型スーパーの子会社が運営する書店が、環…

続きを読む