「鈴木敏文 語録」文庫増補版

六十郎の伊藤正尚です。 1974年(昭和49年)5月15日に、セブン・イレブンの第一号店が東京江東区豊洲店がオープンします。当日、約800人が利用し、最初に売れたのはサングラスだった事は良く知られたエピソードです。イトーヨーカ堂の平取締役だった鈴木敏文がアメリカでの視察旅行の際に立寄ったコンビニが“セブン・イレブン”でした。帰国後、他の役員が猛反対するも創業家の支持をえ、1973年にライセ…

続きを読む