「参謀」

六十郎の伊藤正尚です。 プロ野球は、贔屓チームだけでなく出来る限り他チームの動向を新聞記事等で読むタイプです。西本幸雄監督が今は無い阪急ブレーブス時代からで、パリーグの試合も中継があった時は観ています。1978年秋のドラフトで四チームが指名し、結果、西武ライオンズに入団した森繁和選手も入団時から動向に注目していました。眼鏡の奥の鋭い眼光は、入団時から有りました。選手としては、怪我の影響もあ…

続きを読む

♪空よ♪

六十郎の伊藤正尚です。 ゴールデンウィークが始まる頃に色付き出した我が家の佐藤錦(サクランボ)ですが、今年は甘みが増した気がしました。ここ数年は見向きもしなかった家内が「甘い!」と言って、木から直接摘み食いをしていました。8日の朝には、木全体が赤く、また、実の重みで枝がしなっていました。母の日でもあり、頼んであった品を家内と某デパートに取りに行き夕方戻ったら、見事に鳥達に佐藤錦は食べ尽くさ…

続きを読む

『ブラタモリ 京都・伏見』

六十郎の伊藤正尚です。 平成19年に大きな手術をした事は何度か書かせていただいております。その手術前は、毎年の様に京都伏見稲荷へお正月の初詣をしていました。仕事柄、中々宿泊での旅行がし辛く、お正月休みは京都で一泊が家族サービスでした。正月2日は、当時、ホテルの宿泊代は通常料金でした。しかし、レストラン等の入口には晴着を着たスタッフがお出迎えしてくれ、お屠蘇等も振舞ってくれました。私は、朝食…

続きを読む

『英国王のスピーチ』part4

六十郎の伊藤正尚です。 プロ野球も開幕して1ヶ月余りが過ぎました。4月に発生した熊本地震の関係で、巨人と中日は九州での連戦を中止しましたし、ソフトバンクも1試合中止しました。熊本出身や熊本の学校を卒業したプロ野球選手達が目立つ活躍をし、注目を浴びました。2011年の東北大震災の際も楽天ゴールデンイーグルスの嶋選手会長が感動的なスピーチでプロ野球選手達を奮い立たせましたが、やはり、プロ野球選…

続きを読む

「謎解きはディナーのあとで」

2011年の本屋大賞は、東川篤哉の「謎解きはディナーのあとで」でした。前年、僅か7000部で出版された期待されない推理小説?でしたが、書店店員の強い支持や某新聞の書評で“売りたい本”と紹介され、加えて、本屋大賞の受賞でベストセラーになりました。2011年だけで163万部以上売れ、年間1位の売り上げにもなりました。ユーモア溢れる推理小説で、推理小説を読み慣れない女性が読んでも楽しい作品を目指し、映…

続きを読む