『手錠のまヽの脱獄』

六十郎の伊藤正尚です。 1965年4月に公開された『網走番外地』の大ヒットで高倉健はスター俳優の仲間入りをします。東映東京撮影所の期待の若手俳優でしたがヒット作が無く、“江利チエミの夫”と蔑んで呼ばれる事もありました。『網走番外地』の企画が持ち上がった際に、東映は脱獄映画はヒットしないとカラー映画予定から白黒映画に変えて予算を削減された程でした。しかし、天才石井輝男監督の演出と酷寒の大地で…

続きを読む