♪硝子坂♪part2

六十郎の伊藤正尚です。

先日、チャンネルを切り替えていたら懐かしい歌声を聴きました。高田みずえさんです。大関若島津と結婚し、相撲部屋の女将になっています。以前、YouTubeで場所後の打上げパーティーで唄っている映像がありましたが、矢張り、テレビの歌番組の収録となると勝手が違う感じでした。画面から流れていたのは、1977年にヒットしたデビュー曲の♪硝子坂♪でした。競作と聞いていましたが、高田みずえの印象が強い楽曲です。

以前にも書きましたが、学生時代の夏休みに九州の各地を周遊切符で二度程周った記憶があります。一度目は、フェリーで瀬戸内海を渡り、出来たばかりに山陽新幹線で岡山から帰りました。二度目は、台風の関係で鹿児島から飛行機で帰った記憶があります。その時、♪硝子坂♪を聴いた記憶がありましたが、時間的なズレがあるので、錯覚なのでしょう。鹿児島周辺は台風の雲だったのが小牧周辺は快晴で、その青空と曲が脳裏に重ねっています。

40年前の九州は、新幹線は勿論無いので在来線の旅です。宿泊先は、貧乏学生の定番のユースホステルです。その為、多少の日程の変化には困らなかったと思います。それでも、台風が近付いてきた場合の対応も常に考えていました。天気予報とにらめっこをしながら、どの飛行機で帰るかをシュミレーションをしていました。ATMの無い時代で、金銭的な事由で旅先での足止めは困るからです。勿論、スマホも無い時代ですので、NHKニュースと新聞の天気欄からの情報収集でした。

先日、台風15号が九州方面を縦断しました。JR九州は、前日に始発からの在来線の運休を決め情報公開しています。新幹線も、始発時点の状況で運休の可能性を伝えています。当日に朝、運休の為に駅で足止めされた乗客が運休を怒っていました。大型の台風15号の情報は、その前から継続して伝えられ、石垣島では70m級の風による被害が出ています。情報の垂れ流しに慣れたのか、選択が出来ない人が増えた気がします。足止めとなる前に対策や対応が出来たのではと思ってしまうのは、年齢を重ねた為でしょうか。

では。(2015,08,27)
DSC_0062.JPG