「ブルーマーダー」

六十郎の伊藤正尚です。

10月が近付いて来ました。来年の話題が色々と出て来ています。視聴率が悪いと言われ続けたNHKの大河ドラマも、来年の新作の話題に移っています。来年は、真田幸村が主人公となる様です。この時代ですと、家康や秀吉以外にも登場人物も多く、大物が配役し易い様です。大物かは不明ですが、秀吉の寵愛を受ける淀の方に竹内結子が配役となった様です。以外ですが、竹内結子にとって初めての大河ドラマになるとの事です。

竹内結子と言えば、最近は『ストロベリーナイト』シリーズです。テレビでも映画でも主役を張っていました。原作者も気に入っている様ですので、また、テレビか映画で登場しそうです。警視庁捜査一課の刑事姫川玲子が役名です。高校生の時に強姦魔により屈辱を味わい、自身を助けてくれた女性警察官が殉職します。そんな経緯もあり、刑事として悪に対抗しています。

累計300万部を売っている「ストロベリーナイト」シリーズの新作文庫が発売されています。先月には手に入れていますが、諸般の事由でなかなか読めませんでした。やっと、飛ばし飛ばしですが完読しました。シリーズ物に有り勝ちな、お馴染みの脇役への配慮はありますが、単独で読んでも理解出来る内容です。ヒロインの姫川玲子は、頭の中では竹内結子に変換されています。おそらく多くの他の読者も一緒でしょう。

話は大きく飛びますが、中村獅童との子供を竹内結子が引き取っています。香川照之が、市川中車を襲名した様に歌舞伎の世界では人材不足が続いています。もし、再婚した中村獅童に子供が出来なければ、竹内結子との子供の襲名があっても不思議ではありません。可愛いと言われる年齢ではなくなった竹内結子も、姫川玲子役で大人の女も演じれる様になっています。今後が、注目です。

では。(2015,09,28)
DSC_0089.JPG