♪大脱走のマーチ♪part2

今年は第二次世界大戦が終わって70年となりました。しかし、ISによるフランスへのテロ以降ヨーロッパは、最早、戦争状態です。その状態に、トルコとロシアが睨み合うトラブルも加わり、複雑怪奇な状況となっています。既にフランスは原子力空母シャルル・ドゴールをシリア沖に派遣し、空母から戦闘爆撃機が発艦しています。ヨーロッパだけで無く、大陸系の大国はベトナムやフィリピンの意向を無視して、一方的に占有した南沙諸島に軍事基地を整備しています。

そんな状況が少しでも平和的な解決が出来る事を私達はただ願うばかりです。そんな日本で、“終戦70年特別企画”と銘打った戦争映画DVDシリーズが売られています。戦後、テレビが登場した際、映画業界ではテレビに対抗し、また、スケール感や大型スクリーンに合う企画として戦争映画が多く製作されました。それらが、DVD化されてシリーズで売られている訳です。個人的にも再度観たい作品もあり、時々、書店を覗いています。

普段あまりバラエティー番組は観ないのですが、先日、種の発芽率をあげる方法を紹介するバラエティー番組があり観ていました。そうしたら、その中のバックグランドミュージックとして、ああの♪大脱走のマーチ♪が使われていました。映画『大脱走』は、1963年8月に日本では公開されています。日本は勿論、世界的に大ヒットしました。スティーブ・マックィーンがオートバイで逃げ回るシーンが話題を集めました。

戦争映画は、『史上最大の作戦』や『戦場にかける橋』の様な史実的なドキュメンタリータッチの作品から『大脱走』や『ナバロンの要塞』の様なオリジナルな娯楽性の強い作品があります。どちらにせよ、戦いに身を投じる人間や戦略の魅力が、観客を惹きつけるのだと思います。ただ、多くの人々は実際の戦闘や戦争には否定的な立場だと思います。今、ヨーロッパや中東での紛争が早期に収拾される事をただ願うばかりです。

では。(2015,11,27)
DSC_0157.JPG