♪Love me do♪

六十郎の伊藤正尚です。

確定申告の準備を進めていますが、単純な記帳確認作業の為、BGMに色々模索していました。そんな中、ビートルズのCDを聴きましたが、作業の邪魔をする事がない楽曲が多い事に改めて気が付きました。ビートルズは、1962年10月に♪Love me do♪でデビューします。今も現役で活躍しているポール・マッカートニーが作曲し、ジョン・レノンとにツイン・ボーカルとなっています。デビューして50年以上が過ぎ、今や、ビートルズの楽曲はクラッシックなのでしょう。よって、BGMに使っても心地良いのかもしれません。

1960年に、旧西ドイツのハンブルクに行く事になります。そこのクラブで、毎日6時間以上演奏する機会を得ます。この時はあまり評価されなかった様ですが、翌1961年に再度ハンブルクを訪ねる事になります。この時、後に“ビートルズ・カット”と言われる髪型を使う様になり、加えて、ビートルズ成功の立役者の一人と言われるエブスタインがマネジャーなる事がき決まります。彼の奮闘でレコードデビューが決まり、その後、アメリカのエド・サリバンショーへの出演を決め、以後、世界的な活躍へ導きます。

世界の音楽に多大な影響を与えたビートルズも、1970年にポール・マッカートニーが脱退を表明します。その後、裁判を起こし1971年3月に認められます。以後、五人による演奏活動は無くなります。そして、1980年12月にジョン・レノンが射殺された為、ビートルズの復活は無くなりました。それでも、ビートルズを支持するファンは途絶える事がない為、アンソロジーアルバム等の企画が持ち上がります。昨年(2015年)11月には、ビートルズが世界に先駆けて行ったプロモーションフィルムやビデオを収録したアルバム?も発売されています。

今年、一部の人からは政治記事より取り扱いが大きかった言われたSMAPの解散騒動がありました。ビートルズでさえ、10年程度で解散しています。ビートルズの解散要因として、オノ・ヨーコの散財が存在があると言う人もありました。しかし、複数の人間が四六時中一緒に活動する事はストレスが溜まります。ビートルズの日本公演が行われた1966年頃からコンサート活動に軋みが出ていたとも言われています。ただ、ビートルズは解散しても永遠に不滅の存在となっています。そのビートルズの誕生から解散まで体験した事は、私達の世代の誇りかもしれません。

では。(2016,02,14)
DSC_0205.JPG