♪365日の紙飛行機♪

六十郎の伊藤正尚です。

私は、1966年に始まったNHK朝の連続テレビ小説『おはなはん』をリアルタイムで観た一人です。当初は、森光子が主演で企画されましたが、急病で、無名の樫山文枝に交代します。樫山文枝は、爽やかな容姿もあり一躍人気女優になります。1968年公開の『黒部の太陽』では、石原裕次郎の相手役に抜擢される程の人気でした。『おはなはん』の相手役だった高橋幸治も、あまりの人気に死ぬ時期が伸ばされる事態となりました。以後、新人女優の登竜門的な時間帯となりました。

以後、半年毎に切り替わる2作品が放映され続けて来ています。昨年3月まで放映された『マッサン』では、アメリカ人女優が主演に抜擢されています。ややマンネリ気味かと思いましたが、昨年9月から放映の『あさが来た』では、流行語が出来る程の人気作となっている様です。主演の波留は、爽やかな容姿で和装も洋装も似合っています。綺麗な大きな目が特長ですが、時々CMでは見掛けていましたが、演技ではこれまで目立っていなかったのが不思議なぐらいです。

『あさが来た』では、AKB48が歌う主題歌♪365日の紙飛行機♪も人気です。『あさが来た』は、NHK大阪放送局が製作している関係か、NMB48の山本彩がAKB48の一員となりセンターで歌っています。従来のAKB48の楽曲と違い、爽やかなメロディーと歌唱で高齢者からも支持されている様です。先日、NHKの歌番組で山本彩がギターを抱えながらソロで歌唱していましたが、ソロ版の方が良かった気もします。

ここまで読んでいただいた方は、私が熱心に『あさが来た』を観ていると誤解されるかもしれません。実は、フルに観た事はありません。ただ、周りに熱心に観ておられる方多々おられ、耳年増になっています。「びっくりポン!」も、使っておられる方から伝授いただきました。それだけ、浸透している朝ドラは、久方ぶりかと思います。昨年9月28日放映の『鶴瓶の家族に乾杯』で、波留が北海道を徘徊していました。誰も波留が女優とわからなく、鶴瓶が新しい朝ドラの主演女優と説明していました。今は、説明も要らない人気女優ですね。

では。(2016,02,24)
DSC_0176.JPG