「がっちりマンデー‼︎ 儲かる秘密」

六十郎の伊藤正尚です。

小規模事務所ですので事務用品の消耗は知れていますが、少量でもネット通販で送料負担が無いので時々活用しています。活用しているのはamazonやアスクルですが、特にamazonは商品代金が1,000円以下でも送料無料で届きます。先日も、コピー用紙が一冊600円程度でしたがヤマト運輸の宅急便で送料無しで届きます。個人で、ヤマト運輸の宅急便を利用する場合に600円では無理ですので、頭に中に?マークが浮かびます。

私が四半世紀の長きにわたって所属する某勉強会の中に、部活動の様な組織があります。年に数回、IT関連の勉強に特化したセミナー等を企画しています。昨年、Yahoo!ビジネスの担当者が講師で招かれ、Yahoo!ビジネスを使ってのネット通販への参加を呼び掛けられました。担講師は、会場ではTシャツ姿に変身し、途中横道に逸れながらでも、ピッタリ予定時間に終わりました。彼は、日本全国をネット通販の魅力や参加方法を伝える為に飛び回っていると言っておられました。

日曜日の朝に放送される『がっちりマンデー‼︎』を着替えしながらでも時々観ています。2005年に今のタイトルになり、2010には単行本「がっちりマンデー‼︎ 儲かる秘密」も出ています。3月27日の放送は、Yahoo!の社長を招いてビッグデータを使ってのビジネス構想等が語られていました。個人的には昨年に勉強会の会場であった講師の平山さんが、北海道の宗谷でYahoo!への参加を促す講演会での姿を画面で見つけていました。

少子高齢化時代で、大量に同じものを買う時代から少品種を少量買う時代に移っています。日々の買い物でも、GS(ゼネラルスーパー)からコンビニ型店舗に移行しつつあります。お米やペットボトルの水等の重量がある品は、自宅に直接届くネットスーパーの活用が広がっています。建国以来通販が主流だったアメリカでamazonが産まれたのは、理解出来ます。対面販売が主流だった我が国でも、対面販売が必要で無い商品は通販が主流なるかも知れません。不肖の業務の一つである生損保商品は、対面販売出ないと個々のニーズに対応出来ません。商品の棲み分けが進む時代です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
では。(2016,03,28)
DSC_0238.JPG