♪365歩のマーチ♪

1963年にクラウンレコードが新規設立されます。翌年、某スター歌手の新譜録音を予定していましたが、ドタキャンとなります。作詞家の星野哲郎の推挙で、その新譜のキーを変えずにタイトルを変えただけで新人女性歌手がデビューします。父親の事業の失敗もあり逃げる様に熊本を離れたのにも関わらず、芸名を“水前寺清子”と名付け、デビュー曲♪涙を抱いた渡り鳥♪は大ヒットします。1968年の♪365歩のマーチ♪は、人生の応援歌として大ヒットし、“水前寺清子”はトップ歌手の仲間入りをします。

“水前寺清子”の水前寺は、熊本が誇る名園“水前寺成趣園”から取っています。初代細川藩主時代に築かれ、阿蘇の伏流水が自噴し、熊本では熊本城と並ぶ人気観光地ともなっています。“水前寺清子”のお父さんは、デビューが決まった“水前寺清子”のレコードを持参し、夜逃げ同然の行為を詫びると共に“水前寺”の名前を借りた事も詫びた様です。熊本では、そんな親子を暖かく支援したと聞いています。

今回の熊本地震では、熊本城の被害状況を伝える映像が多く流れています。今週発売された某週刊誌には、水が枯れた“水前寺成趣園”の様子が掲載されていました。地震直後から水が枯れ出し、井戸水で水を流しても増えない状況と書かれています。数十mの岩盤と阿蘇の火山石の隙間を阿蘇の伏流水が流れ、末端の“水前寺成趣園”に流れ出ると聞いていますので、岩盤に損傷が出来、流れ出ずに漏れてしまっているのかも知れません。

熊本城に加えて“水前寺成趣園”も被害にあっては、熊本市民は踏んだり蹴ったりな状態です。しかし、熊本市内にスーパーの壁面に「がんばろう熊本!」とメッセージが貼られた写真をfacebookの投稿で観ました。一気には復興が出来ないかも知れませんが、熊本の方々はキッと熊本城も“水前寺成趣園”も元の姿に戻されるかと思います。水前寺清子の♪365歩のマーチ♪の歌詞に♪〜あなたの付けた足跡に綺麗な花が咲く〜♪とあります。キッと、一歩づつ進んで行かれと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
では。(2016,04,29)
DSC_0280.JPG