『女帝 春日局』

六十郎の伊藤正尚です。 以前、“日本人は奇数が好き”と書きました。ただ、“日本一”と表現すると角が立つと考えたのか、“日本三大○○”と言った表現で紹介する場合が多々あります。“日本三大祭り”と言うと、京都・葵祭・大阪・天王寺祭・東京・山王祭となる様です。私自身が関西に近い位置で産まれた為か、葵祭や天王寺祭は思い浮かびますが、山王祭がピンと来ませんでした。先週、民放の某番組で概略を知り無能さ…

続きを読む

♪死ぬほど愛して♪

六十郎の伊藤正尚です。 スマホやiPadで音声を文字に変換する機能があります。その機能で作業時間を大幅に縮小したと読んだり聞いたりしていますが、ボケ防止を兼ねてまだ手入力で奮闘している六十郎です。(✳︎ただ、機能を使いこなせないだけとの声が聴こえますが空耳として無視させていただきます。)そんな時、古い映画音楽をBGMにして作業をする事が多くなっています。1960年頃のイタリア映画の音楽は好…

続きを読む

♪コーヒーショップで♪part2

六十郎の伊藤正尚です。 1973年のヒット曲♪コーヒーショップで♪と題して、先日、カフェで家内を待っていたら隣席の淑女達の会話が耳に飛び込んできたと書きました。最初は、若い頃と今では体型が変わった話題でしたが、次が、薄毛の悩みに変わって行きました。勿論、熱心に聴き耳を立てていた訳ではありませんが、「痒い」とか「乾燥」と言った単語は飛び込んで来ました。家内の知人にも年齢を重ねて来た為か薄毛と…

続きを読む

♪コーヒーショップで♪

六十郎の伊藤正尚です。 コンビニコーヒーが売上げを伸ばし、コンビニ間の競争が激化しています。私もセブンイレブンで時々買いますが、山崎ディリーストアのコーヒーも口に合います。この欄でも時々買いていますが、世界的にコーヒーの需要が増していますが生産量が伸びない為、輸入業者は新しい生産地の確保に奮闘していると聞いています。先週も、某週刊誌でコーヒー特集が掲載されていました。要約するとコーヒーの健…

続きを読む

「イチロー・インタヴューズ」

六十郎の伊藤正尚です。 「あなたは42歳の時、何をしていましたか? 或いは、何をしていたいですか?」と聞かれた時、あなたは即答出来ますか。会社員なら、卒業して20年ですから中間管理職でしょうか。技術系の仕事なら、体が自然に動き安定した製品(作品)を作っているかもしてません。結婚していたら、第一子が中学生か高校生で子育てに奮闘中かもしれません。新社会人なら、まだ20年後の姿は予想も出来ないか…

続きを読む