♪あの日にかえりたい♪part3

六十郎の伊藤正尚です。 IT音痴を克服す為、IT関係の勉強会に年6回参加しています。先日行われた例会は、ホームページの構成やポイントをHPの製作を主にしている女性経営者の方が講師でした。HPが珍しい時代から技術的な革新もあり、今や、観る人を一瞬で惹きつけなければページ全体を読んでもらえない時代になっている様です。その為、様々な工夫を製作担当者が行っていますが、客観的に観て残念な結果になって…

続きを読む

♪折鶴♪

六十郎の伊藤正尚です。 東京で宿泊する際に良く利用した某ホテルの本館(現在改装中)は、ベッドの上に千代紙の折鶴が置かれていました。スタッフが一羽一羽折り、歓迎の意味と寛ぎの意味が有ると聞いています。特に、欧米系の外国人観光客に好評で、持ち帰る人も多い様です。50羽の折り鶴を縦に繋げ20本集めたのが千羽鶴で、早く回復する様にとお見舞いに贈る場合があります。鶴を縁起が良いとする日本独自の文化で…

続きを読む

「素顔の池波正太郎」

六十郎の伊藤正尚です。 Amazonは、時々、活用しています。先月、iPadへ新しい複合機ならFAX内容が送信されると知り、Amazonで発注しました。その際は送料を気にしなかったのですが、今、2,000円以下の注文は350円の送料が発生する様です。送料の事をAmazonを1回も使った事がない家内でさえ知っていたので、ビックリでした。そんなAmazonでも、書籍は無料です。先日も、460円…

続きを読む

「サラダ記念日」

六十郎の伊藤正尚です。 突然ですが、「五月病を説明できますか?」と聞かれ、返答できる方は少ないかと思います。大型連休があった今年の5月ですが、サミットもあったりする為か、“五月病”の話題があまり掲載されていません。一般的には、入学や入社したての人達が5月の連休後にうつ病に似た症状を訴える事が多い為に“五月病”と呼ばれる様になった訳です。先日、たまたま入社2年目の関連業務先の女子社員とお話を…

続きを読む

♪大空と大地の中で♪

六十郎の伊藤正尚です。 去る5月13日に、工藤幹夫さんが亡くなられました。まだ、55歳だったとの事です。きっと、読んでおられる方々には「工藤幹夫って、だれ?」と思われておられかと思います。1982年の日本ハム時代にパリーグの最多勝投手に輝くと共に、骨折で出場が無理と思われた同年のプレーオフ第1戦に先発し、相手の西武は勿論私達ファンもビックリでした。当時の日ハム監督だった大沢親分が、工藤に打…

続きを読む